2007年09月09日

育児休業再取得可能に・出産後、原則1年以内なら





厚生労働省は育児休業制度を柔軟に利用できるよう制度改正の検討に入る。従業員が早めに職場復帰しても、本人が希望すれば原則1年以内なら再び育児休業をとれるようにする。

9月9日 NIKKEI NET

育児していた方が亡くなるなどの特別な事情がない限り、再び育児休業をとることはできないのが現行制度。これを改正しようという動きです。

確かに初めての場合、育児の負担はどのようなものかわかりづらいかもしれません。そういった場合、再び育児休業をとれるのはいいことですね。

一方、企業の側とすれば人員確保が難しい中、予定が立たないのは困ることでしょう。

やはり、何らかの基準は必要です。それを是非検討して頂きたいと思います。
posted by 人事労務屋 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54555818

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。