2007年09月04日

初任給10年ぶり1000円増加




日本経団連が3日発表した今春新卒者の初任給調査によると、大卒事務系の平均は対前年比1354円増の20万5074円、短大卒事務系が同1041円増の17万2577円と、10年ぶりに1000円を超える伸びとなった。伸び率は大学院修了事務系で0・56%、大卒事務系で0・66%となり、前年の上昇率に比べてすべての学歴でほぼ倍増した。

9月4日産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000082-san-bus_all

少子高齢化による採用難の影響が大きいのでしょう。人材確保に向けた対策の一つになっているようです。

ちなみに初任給決定の基準については、「在籍者とのバランスから判断」「世間相場から判断」と回答した企業がそれぞれ3割ずつを占めています。

ただ、世間相場といっても給与と賞与、退職金それぞれへの人件費配分が昔のようにどの会社も似ているわけではありません。よって相場といっても怪しいものです。

求職者に「○○だからあなたは○○万円だよ」と胸をはって教えることができるような制度が必要です。
posted by 人事労務屋 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。