2007年08月29日

製造業派遣の労災急増





製造現場で、経験に乏しい派遣労働者の労働者災害(労災)が急増していることが、大阪労働局の分析で初めてわかった。
(中略)
04年3月から同12月、派遣先で事故に遭った労働者の総数は27人。その後増え続け、06年には146人に達した。このうち最も多いのが製造業での事故で、06年は全体の4割を超える64人。今年も29日現在、労災に遭った89人のうち51人を製造業が占めた。

8月29日 YOMIURI ONLINE


製造現場は危険が伴うもの。派遣の解禁自体は必ずしも誤った判断だとは思いませんが、安全教育や安全管理体制の整備について一定の義務化をしなかったのは問題。

これ以上自体が深刻になる前に、早く手を打つべきです。
posted by 人事労務屋 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53267460

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。